個人・法人の違い
2017.06.22

画面を見る男性パソコンをレンタルするのはどんな時でしょうか? また、個人と法人ではレンタルする際に差があるのでしょうか?まず、個人の立場でパソコンレンタルを利用するのは、「一時使用」もしくは「お試し使用」目的が多いのではないでしょうか。一時使用とはつまり、普段使っているパソコンが壊れてしまい、修理が終わるまでの代替機として利用する場合。また、普段はスマートフォンなどで十分対応できているけれど、試験対策などで一時的に使いたいと言う場合。旅行先のホテルで使用する場合もありますね、そんな時にパソコンレンタルはお得です。
また、パソコンは春モデル秋モデルというように、大抵年2回新商品が発表されます。お金を唸るほど持っているならば別ですが、そうしたくとも常に最新機種に即買い替えるというわけにはいかないでしょう。特にOSのバージョンが変わってしまえば、いま使っている周辺機器が使えるのかどうか、使用感がどう変わるのか不安もあります。そんな場合も便利なのが、パソコンレンタルです。
では次に、法人でパソコンレンタルを利用するのは、どんな状況が考えられるでしょうか?まずあげられるのが、パソコンレンタルで経費削減を狙うと言う状況です。法人の場合、パソコン一つでも購入するとなると、経費として計上し、会計上の様々な処理が必要です。パソコンレンタルならば、購入時の高額な経費を削減できますし、会計処理時間の短縮をはかれます。特に契約社員の為に短期間のみ使用したいと言う場合でしたら、購入するのではなくパソコンレンタルがお得です。
また、日本製のパソコンは壊れにくく、長期間使用できるという利点がありますが、一度購入したら寿命まで使わなければ勿体ないとも言えます。パソコンスペックは一年たてば比べ物にならないほど進化を遂げます。学校などで「設備は最新型」を謳いたいならば、パソコンはレンタルで揃えた方が良いかもしれません。
以上のように、同じくパソコンをレンタルする場合でも、個人と法人では状況の違いがあります。ということは当然、レンタルする機種のスペックやサービスも違う物を必要とするという事です。パソコンレンタルの業者は沢山あり、各社法人・個人ともにレンタルの対応をしていますが、業者によって得意分野はあります。あなた、もしくは御社に必要なスペックとサービスはどんなものか。そしてそれはどの業者なら叶うのか。それを良く見極めて、パソコンレンタルをお得に賢く利用しましょう。

▲ ページトップへ