レンタル中のトラブル
2017.06.22

オッケーサイン使っているパソコンの修理から戻ってくるまで、代替機として利用したい。また、試験などである期間のみ使いたい。普段使っているのは、デスクトップ型のパソコンで、旅行先・出張先には持っていけない。でもパソコンは使用したいから、その期間だけ出先で借りることは出来ないだろうか。
そんな時に活用できるのが、パソコンレンタルです。他にも、契約期間の決まった従業員の為に利用するケース、常に最新型を使いたいケース、新しいOSの機種を購入する予定だけれど、いま使っている周辺機器が使えるかどうか試したい。そんな時にもパソコンレンタルは重宝します。そして重宝するからこそ、レンタル中のトラブルにしっかり対応してくれる業者を選ぶ必要があります。
すでに何度も取引をしたことのあるパソコンレンタル会社を知っている法人ならば良いでしょうが、個人でパソコンレンタルを利用する場合は、大抵が初めて使う業者でしょう。業者にしてみればレンタルしてもらわねば商売になりませんから、webサイトやリーフレットには取り扱う機種のスペックや、価格が安い、お得な料金プランがあるなど、良いことしか書いてありません。
大抵の業者はレンタルする機器のメンテナンスを定期的に行っています。借り手が詳しくないのを良い事に、価格に見合わない低いスペックのパソコンをレンタルしたり、レンタル期間中に故障する恐れのある商品を貸し出したりすることはありません。とは言え、事故や突然の不具合はいつでも起こりえます。
パソコンレンタルをする際には、「問い合わせ窓口」を明記した業者を選ぶようにしましょう。窓口が明記しているというのは、メールと電話両方の連絡先が表示され、電話番号もフリーダイヤルと通常ダイヤルの両方が表示されていると言う事です。メールだけしかわからない場合、回答を待たされる場合もありますし、一台しかパソコンをレンタルしていなければ、連絡手段がないなどの状況に陥りかねません。そしてフリーダイヤルしか電話番号がない場合、いつかけても話し中であったり、携帯からはかけられなかったりする場合もあります。
きちんとした業者であればその点はもちろんクリアしていますし、大手ならばかなり遅い時間まで問い合わせ窓口が開いています。また予め想定されるトラブルについてQ&Aをwebサイトにあげている業者もあります。便利に使えるパソコンレンタルだからこそ、目先の安さにとらわれず、信頼できる業者を選びましょう。

▲ ページトップへ